おかみの独り言「あのね」

image69.jpg
2005年8月21日

入り口はどこだ?

「有斐軒,」の玄関はわかりにくい 表玄関はお隣さんの方が立派 裏口は駐車場の奥 初めての人はなかなか見つけられない。

奥タ多良木で食事をして、車から表玄関の前でおろしてもらわれた高木さん一時間たっても帰ってこられない。 ヨッパラッテいるから一人で二次会か? と 思いきや、迷子(>_<)
初めて我が家に来られたので、和田山中うろうろしていたそうだ。
「高木 そのまま すう〜っと戸を開けて中に入ったらええのに 玄関のまん前に下ろしただろうが・・・」と村田さん  そのまますう〜っと と言われてもうなぎの寝床の通路はとても旅館の玄関だとは思えない。

一見さん少なく リピーター客ばかりのわけがうなずける。
あれから 
10年会うたび今でも話題になる「入り口はどこだ?」

写真は裏口 リピーター客はこちらが多いいわね

image70.jpg
2005年8月21日

大きくな〜れ

同じ時に産まれても こんなに大きさのちがう金魚のけんたろ〜
いずこの世も同じらしい

トラのけんたろ〜も 負けるな大きくな〜れ
image66.jpg
2005年8月3日

岩本さん一家

海水浴帰りのご家族様 
元気な男の子 !(^^)! と お手伝い上手なみさきちゃん(*^。^*)
image63.jpg
2005年7月26日

くまざさ

くまざさは今緑がとても鮮やか 
八寸の下に敷いたり お寿司を巻いたり あんころもちを包んだりと利用度いっぱい。
村岡の山の中 ささゆりの咲く里ででGET。
“地産地消”“スローフード”が私の願い。
明日からのお料理のどこかで出て来るわ 村岡のさわやかな風をのせて(^^♪
image62.jpg
2005年7月23日

おすそ分け

先日結納の後のお食事会があった。ご両親とご本人さまで6名 鹿児島と兵庫 遠くにご縁があるものだ。
はじめ緊張のとれない皆さんだったが、食事が進むにつれて和やかになってきた。

難しい料理は私たちには作れない。但馬牛のヘレ肉と活きのいい鯛 を焼いた。最後にお赤飯・・・
私たちに出来る精一杯

鹿児島から来られていたご両親は「又 来ます」と幸せいっぱいの顔で帰られた。

心は届いた。と思った。
幸せのおすそ分けをいただき気分爽快!!
Translate »